スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナース・薬剤師の求人

ASKA 愛人栩内(とちない)被告 公判で爆弾発言もまだまだヤバイことが!

人気デュオ・チャゲアスのASKA(本名宮崎重明)被告(56)と共謀して
覚せい剤を所持した疑いで逮捕された栩内(とちない)香澄美被告(37)の初公判が22日、
東京地裁で開かれました。

この際に、栩内被告は無罪を主張した上で、ASKA被告と10年前から愛人関係にあることを認めました。
早くも爆弾発言が飛び出した栩内被告、まだまだ関係者を戦々恐々とさせるような「ヤバイネタ」を持っていると思われます。

公判では栩内被告は「尿にはASKA被告の体液が混入し1度目に採取された毛髪には汗が付着していた可能性がある。ASKA被告は避妊をしなかった」として覚せい剤の使用を否定し、無罪を主張。

これだけでも、家族と協力して薬物を断つことを誓ったASKAにとっては大きなダメージ。
特にASKAを献身的に支える奥さんにとって、「10年前からの愛人」とか「ASKAは避妊をしなかった」
などは、聞きたくないことでしょう。

また栩内被告は、かつて人材派遣大手のパナソグループに勤務していたのみならず、
その代表と「個人的に親しい間柄」とされ、
「代表の喜び組」とまで揶揄されたこともあります。

そのパナソグループですが、霞が関OBの有力な天下り先として有名で、
政財界の有力者を招いたパーティーもよく開催しています。
安倍晋三総理をはじめとする自民党国会議員や民主党国会議員、
局長クラスの官僚も多数このパーティーに参加していたそうです。

この栩内被告は、たびたびそのようなパーティーでホステス役を務めていたことから、
一部の報道では、栩内被告の口から政財界の癒着や不正などの爆弾発言に
戦々恐々としている関係者も少なくないとのこと。
また、言うまでもなくASKAの「薬友達」の芸能人らも栩内被告の発言には冷や汗ものでしょう。

次回公判は9月9日に開かれますが、栩内被告の公判からは目が離せないですね
スポンサーサイト
ナース・薬剤師の求人
ナース・薬剤師の求人
【薬剤師の求人】人気順↓↓
↑カンタン1分【無料】登録↑
31歳(大阪)Mさん「職場が変わるのは3回目ですが、そのたびに満足した職場を探して頂いて本当に感謝しています。」
【医師・ナース・薬剤師】医療関係全ての求人募集してるサイト
【最大40万円のお祝い金】
高収入求人No.1
他、楽しめるカテゴリ
薬剤師の求人・転職を応援するサイト
ナース・薬剤師の求人

ナース・薬剤師の求人

Author:ナース・薬剤師の求人
医師・ナース・薬剤師の転職・求人の情報をまとめました。医師・ナース・薬剤師の方で転職・求人を探している方に役立ててもらえればと思います。

【ナース・薬剤師の求人】月別

広告スペース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。