スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナース・薬剤師の求人

【ナースも気になるニュース】がん5年後生存率公表

【ナースも気になるニュース】がん5年後生存率公表

国立がん研究センター(東京都中央区)など全国のがん専門診療施設が加盟する「全国がん(成人病)センター協議会」(全がん協)は23日、胃、肺、大腸、乳、子宮頸(けい)の5部位のがんについて、28の病院別に治療開始から5年後の生存率を公表した。がん患者への情報公開の一環で、公表は平成20年以来。各病院で生存率に差があるが、状態の悪い患者の比率が高いほど生存率は低くなるため、全がん協では「生存率の数字だけで病院を選ぶべきではない」としている。

 全がん協に加盟する31病院のうち、症例数などで基準に達した28病院が、13~15年に初めて治療を受けた患者のデータを公表した。それによると、胃がんで生存率が最も高かったのは大阪府立成人病センター(80・2%)。最も低いのは茨城県立中央病院で56・2%だが、府立成人病センターは初期がん(1期)の患者数が多いため、生存率が高かったとみられる。

 同様に、肺がんは58・1~24・8%、大腸がんは81・4~64・0%、乳がんは95・4~84・1%、子宮頸がんは84・4~65・8%、と、病院ごとにばらつきがあった。

 全がん協はさらに、9~16年の全がん協施設24万件の症例をデータベース化。このデータを基に、30種類以上の部位のがんについて年齢や性別、進行度を入力すると、5年後までの平均的な生存率がわかる新システム「KapWeb」も開始した。全がん協では「今後は化学療法や放射線療法などによる生存率のデータもそろえていきたい」としている。「KapWeb」は、全がん協ホームページ(http://www.zengankyo.ncc.go.jp/)から閲覧できる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121023-00000114-san-soci

-----肺がん以外は早期発見なら生存率50%はあるという事ですか。もっと医療が進歩してほしい。

ナース・薬剤師・医師の求人・転職情報
スポンサーサイト
ナース・薬剤師の求人
ナース・薬剤師の求人
【薬剤師の求人】人気順↓↓
↑カンタン1分【無料】登録↑
31歳(大阪)Mさん「職場が変わるのは3回目ですが、そのたびに満足した職場を探して頂いて本当に感謝しています。」
【医師・ナース・薬剤師】医療関係全ての求人募集してるサイト
【最大40万円のお祝い金】
高収入求人No.1
他、楽しめるカテゴリ
薬剤師の求人・転職を応援するサイト
ナース・薬剤師の求人

ナース・薬剤師の求人

Author:ナース・薬剤師の求人
医師・ナース・薬剤師の転職・求人の情報をまとめました。医師・ナース・薬剤師の方で転職・求人を探している方に役立ててもらえればと思います。

【ナース・薬剤師の求人】月別

広告スペース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。